パソコンFAXなら個人情報を守れる

インターネットFAXで企業の信頼性を守れ!

昨今、毎日のようにどこかの企業が個人情報を漏洩させて、ニュースになっています。例えば、個人情報や社外秘情報が記載された紙を紛失したとしたら、それだけで企業の信頼は失墜します。

 

紙の管理は非常に難しい問題です。焼却処分サービスやシュレッダーを徹底したつもりでも、社員はリスクをあまり意識しないため、いつの間には重要な書類を紛失しているなんてことが結構あります。

 

紙こそが諸悪の根源!

シュレッダーを使うのは手間です。それに簡単に復元できてしまうため、個人情報を守れるとも言い切れません。だからこそインターネットFAXをおすすめします。パソコンからFAXを送受信すれば、紙を使わないため情報漏洩のリスクが軽減されます。

 

パソコンはセキュリティソフトが入っていますから、そう簡単には情報漏洩するなんてことはありません。でも紙にはセキュリティソフトなんてものはありません。社員全員が意識しなければ、正しく管理できないのです。

 

送り間違いがなくなる!

ファックス機にはまだリスクがあります。それは送り間違いです。人間がポチポチと電話番号を入力して送信するので、間違い電話のようにFAXを別の人や会社に送ってしまう可能性があります。

 

これはヒューマンエラーですから絶対に防げないリスクです。しかしインターネットFAXなら送信相手を登録しておけるので、相手を間違えてしまうなんてことがなくなります。

 

インターネットFAX比較はこちら